韓国 カラコン

韓国のカラコンについて

 

みんカラ カラコン

韓国は美容大国としてしられていて、さまざまな韓国コスメが輸入されていますよね。

カラコンもそのような感覚で韓国から様々な種類が輸入されてきていますが、一部では韓国のカラコンは危険で失明の恐れがある。
というようなことが言われています。その本当のところはどうなのでしょうか。

 

もともとコンタクトレンズというのは高度医療機器で、基本的には医師が検眼を行って処方箋を出し、その処方箋に従って購入することが出来るという医療器具です。

 

日本で製造・販売をされているコンタクトレンズというのは製造や輸入には厚生労働大臣の承認が必要で、販売も都道府県知事の販売業の許可と販売管理者の設置が義務付けられているというかなり厳格な管理のもとで販売をされています。

 

日本では通常の手続きを経て承認されているカラコンであれば、高度医療器具承認番号というものが記載されていますが、通販のカラコンのなかにはこのような高度医療器具承認番号がないものもあります。では、韓国の場合にはどうなのでしょうか。

 

実は韓国では韓国食品薬品安全庁(KFDA)という国の機関が日本と同じようにカラコンを管理しています。
韓国ではこのKFDA認可を受けているものが正規品で、それ以外については信頼性が欠けるために使用をしない方がいいと言われてます。
つまり、韓国のカラコンを購入するときには、このKFDA認可がしっかりとされているのかどうかをチェックすることが大切だと言われています。